今日の「詰将棋並べ」

勉強の準備は良いですか。

初めてのかたは 以下の過去記事でまず

学習の進め方をご確認下さい。


 

【ぴよ将棋さん】を使用した学習方法も

併せてご参照ください。

 

 

ご自宅の盤駒などで じっくりと

 

職場のご休憩の時間なら

マグネット盤

 

並べてくださると嬉しいです。

 

 

続いてコツコツと

 

江戸時代の作品から勉強していきます。


天野宗歩のお弟子さん「渡瀬荘次郎」

 

Wikipediaさんより

 


 

渡瀬荘次郎著 「待宵(まつよい)」から

 

 

「江戸慶応」の時代の詰将棋です。

 

今回は

 

「待宵 第番」です。




テーマ:

 

・玉は下段へ

 

・余詰

 

・最短手数で詰める

 

・龍・角の押し売り

 

・質駒

 

 

:初形図

3F3677D6-2F0D-449C-A502-6496CF212B16
 

 

詰め手順:

 

81銀 82玉 93龍 71玉 82龍 

同玉 62龍 
同金 93角成 同玉 

 

92金  まで 11手詰

 

 

上記を観ながら

盤駒で 憶えるまで並べてください。

 

詰めて 初形図に戻して

また詰めて また初形図に戻して

 

繰り返して憶えましょう。
 

 

:詰上がり図

677B8106-935B-440E-8F30-0B1DA8A874E6
 

いつも 記事を読んで下さっている方は

 

この【詰将棋並べ】の

学習方法に慣れてきましたか?

 

今回も同じ手法で勉強していきます。

*ここで学習し

解く醍醐味は お手持ちのお好きな書籍で

味わってくださいね。

 

では


しっかりと 作意手順=詰め手順を憶えたら

 

以下へ進んでください。

 



 

【学習・研究】


 

・初手の研究


 

初手は色々ありそうですが

 

詰む可能性があるのはどれでしょう? 

 

・▲62龍と王手をして金を取るのは

△同玉で逃がしてしまいますね。

 

 

・▲83龍の王手も 

△同玉で続かない=詰まないです。

 

 

初手は ▲81銀

 

 

:初手 ▲81銀  

770F0FD3-5E18-4369-AD25-75749FD39581

 

この手は「玉は下段に落とせ」の

格言に沿った好手です。

  

この銀を取ると どうでしょう?

 
 

図:初手▲81銀 △同玉  

41A1A197-7D5E-4CBA-B3CA-B181C722F779

 

上図 

初手の▲81銀を △同玉と取ったところです。

 

これは早詰みになります。

以下 詰みまでみてみます。 

 

 

図:3手目▲61龍 △同金 ▲83龍 △82歩(合)

▲92金 △71玉 ▲82龍 まで詰み 

 

C6381E05-7B71-4C51-99ED-A1ED088A6F07
 


この3手目 ▲61龍が良い手です。

ここでちょっと  初形図を確認しましょう。

再掲:初形図

my47-ex

初形図での 攻め方52の龍は

上図赤枠の

玉方の3枚の駒が いつでも入手可能な状態です。

攻め方は

3手目で▲61龍として 
金を入手しました。

攻め方から王手しながら

金を入手できるのですから

 

この場合は絶好手となります。


このように

いつでも入手可能な 盤上にある駒のことを

 

質駒(しちごま)といいます。

 
*用語として 覚えておきましょう。 

 


5手目の▲83龍も良い手ですね。

 

縦の一間龍となります。

 

玉方は82へ合駒するのですが 

この合駒は どの駒を選んでも

以下の詰め手順が同じなので

 

非限定 といいます。

 

*当ブログでは 非限定合の際には


「価値の一番低い駒」を

 

選択することにしているので

 

ここでは △82歩合と 

歩で合駒をしました。

(参考記事:合駒について )


 


以下 上記手順で早詰みとなります。

 

 

従って

初手▲81銀は △同玉と取れない。
  

玉方には 

ほかに頑張れる手がありそうですね。


盤面を 初形に戻してください。


図:
初手▲82銀 △71玉


19D0B82A-71FF-4991-9502-E294A3673267
 
  

初手の銀を △81同玉と取れないとすると 

 

・△71玉

 

・△82玉 (=作意手順)

 

この2か所に逃げることになります。

 
次に上図 

 

初手▲81銀に △71玉を

以下で研究してみましょう。

 

 

図:初手▲81銀 △71玉 ▲73龍

 

5131BE4F-C0DC-4083-A7DA-879132319B72

 

2手目 △71玉と逃げられると

攻め方は捕まえるのが大変そうですが

 

3手目に▲73龍という 良い手がありました。

 

 

図:3手目▲73龍 △同金 

A2C4CF21-94E6-4635-A98F-2A43FA280CA9
 

 

上図は ▲73龍を △同金とした図ですが

 

この▲73龍に △81玉として

銀を取りながら逃げるのは

 

▲61龍 と

金の質駒を入手してから▲82金と

「頭金」を打てば 早く詰みです。

 

従って

▲73龍には △同金と頑張ってみますが
 

 

図:3手目▲73龍 △同金 ▲93角成

253A2F59-09D7-44AA-B5EA-8E25E644629E

龍を73へ侵入しながら王手し

△同金には

この▲ 93角成がありました。

角道を龍が邪魔していましたが

その道が開けたことによる

▲93角成の実現です。

 
以下で 詰みまでみてみましょう。


 

図:5手目▲93角成 △81玉 ▲82馬

まで詰み 7手詰

 
D158D9DA-2133-4793-B27E-05ECEC2D1134


冒頭に示した 作意手順と思われる手順の

 

11手よりも早く詰みました。

 

初手▲81銀に △71玉は 早く詰む

 

 

よって 

初手の81銀には △82玉が最善となります。

 

次は 作意の△82玉を調べてみましょう。


盤面を 初形に戻してください。

 
 

【2手目 82玉の研究】

 

図:初手▲81銀 △82玉

59B40A57-00CE-4CD3-B85F-1C03BA70D63B
 

上図

 

冒頭の作意手順では 

ここで 3手目 △93龍以下の詰みでしたが

 

実はこの3手目で

攻め方が手を変えても詰むのです。

 

=余詰 と呼びます。

 

攻め方が手を変えて詰む=余詰なので

 

これは作品としては不完全作となりますが

( 
完全作と呼ばれるものは 詰みは一つです)

 

しっかり学びましょう。

 

全部の手順を憶えて

自身の実力といたします。

では 3手目 

 

どの手が 余詰になる攻め方の手でしょうか。

 

 

図:初手▲81銀 △82玉 62龍

3CBBEC5B-D9EC-41EE-B7A7-A5E871DEC157

 

3手目 ▲62龍 

金の質駒を取る手がありました。

 

この▲62龍には △同金と取らないと

金を打てば詰みなので

 

玉方は △62同金の1手です。

では 詰みまでみてみましょう。 

 

 

図:3手目▲62龍 △同金 ▲93龍  

△71玉  ▲82龍 △61玉 ▲62龍 △同玉 
 

▲53金 △51玉 ▲52金打

まで13手詰

4E241AA7-5D9B-4E3E-8811-DEE814AF5F57

 

上の手順で 詰みです。

 

途中

 

・5手目▲93龍に △同玉は ▲92金で詰み

 

・7手目▲82龍に△同玉は ▲93角成 

この角は 取っても
取らなくても

 

金を打てば詰みです。*盤駒でご確認ください。

 


余詰手順は 7手目▲82龍を取れないので

△61玉ですが 

9手目▲62龍として

2枚目の金を入手します。

 

以下は どこへ玉が逃げても

金を2回打てば詰みです。

 

 

初手▲81銀 △82玉には 

▲62龍からの余詰がある。

 


では
 

初手▲81銀 △82玉に

 

作意手順の

 

▲93龍を調べて 終わりにします。

 


盤面を 初形に戻してください。

 

図:初手▲81銀 △82玉 

396F5A33-FF84-4F4A-9A59-A046E90E2DFF
 

△82玉までの図です。

 

 

図:3手目▲93龍!

4FD9B5A2-ED03-41D0-8F13-E2B178C98B34
  

この龍は 同玉と取りたいところですが

75の地点からの角の利きがあるので

取れません。

 

 

図:3手目▲93龍 △71玉

F04C30CD-9015-411D-B7B5-DB3987844670
 

▲93龍に △81玉は 

▲61龍と 質駒を入手して

 

金を打てば詰みになります。

 

上図

△71玉と逃げました。

続けます。 

 

 

図:3手目▲93龍 △71玉 ▲82龍!

4BBBD8B8-4288-4E5A-8429-E04982FB8E9D
 

△71玉と逃げたのに対して 攻め方は

▲82龍と 

無理やり龍を捨てました。

この龍を取らずに 玉を逃げる手はありませんから

「取ってください!!」という 

攻め方からの意思表示です。


=龍の押し売り と言います。

 

△同玉と取るしかありません。
 

 

図:5手目▲82龍 △同玉 ▲62龍

F96733F9-95BD-4BFA-92C7-DF3DBE44328C
 
【龍の押し売り】で 

 

無理矢理82の地点へと

玉を呼び寄せた攻め方は

 

7手目▲62龍として

1枚金を入手します。

この▲62龍も 取らないと詰みなので 

 

△62同金の1手です。

 


図:7手目▲
62龍 △同金 ▲93角成

 


EDB6A8B9-0800-45CC-BD47-16D12D2D113A
 

初形で84にいた龍がいなくなって 

角の利きが

 

93の地点まで通りました。

 

9手目 ▲93角成として

角も成捨ててしまいます。

 

この▲93角成は 

取らなければ どこへ逃げても

 

金を打てば詰みです。

 

盤駒でご確認をお願いします。

続けます。 

 

図:9手目▲93角成 △同玉 ▲92金 

まで詰み

70FE05EE-499B-4F89-B0FD-748E88591832

 

9手目▲93角成を △同玉としてから 

最終手 ▲92金までの

 

手順が美しいと思いました。




この作品は


・作意手順は 11手 駒余りなし

 
・余詰手順は 13手で 駒余りなしです。


攻め方は 最短手順で詰める

また玉方は 最長手順で 頑張る 

上記のルールがありますので


攻め方は 【最短手順】で詰めなければなりません。
 


ですから

最短・最善の

11手で詰める手順が


この作品の作意手順で 最良となります。


*余詰の手順も学習してしっかり憶えましょう。


作意手順と余詰の手順両方を勉強します。



 

図:反転図

F018B5AA-4EEB-45D6-A43A-1D64DE8D37EA
 


では いつもと同じく

反転図からの詰みを学習しましょう。

 

手前の玉を自玉と想定しての 

詰みの確認です。

 

この反転図からも

違和感のなくなるまで 並べて憶えてください。

 

反転図の詰みは大事な練習です。

 

実戦での終盤力の養成になりますので

頑張りましょう。

では 以下の手順を観ながら

詰めてください。 


 

詰め手順:

 

81銀 82玉 93龍 71玉 82龍 

同玉 62龍 
同金 93角成 同玉 

 

92金 まで 11手詰

 


 

図:反転図からの詰上がり図

1B6E5B1B-DE46-450F-8C93-513CA845C72A
 
 

詰むことが確認できましたら

 

手番を手前として

この自玉にかかっている

詰めろを外してみます。

 

以下は例ですが 憶えておきましょう。

 

どうすれば 自玉が詰まなくなるかを考えます。

 

盤面を 反転図初形に戻してください。
 
 

図: △52金寄


A1E02327-A746-43E6-92B6-E033C0EECB41

△52金寄として


攻め方の龍を 金で取り払いました。

 

簡単ですが 落ち着いた好手です。

 

これで詰みがありません。

 
実戦では 


お相手の玉を詰ましにいって

 

逃がしたときに

先に龍を取っておけば良かったな、

 

など 後悔すること ありますよね。

自玉の安全を確保することは大切です。


*【金寄】の符号は大丈夫でしょうか?

自信がない方は 以下でご確認をお願いします。




再掲:反転図初形

my47-21
 
52の龍を それぞれ

 

・62の金で取る場合は  △52金寄

 

・61の金で龍を取る場合は △62金上 です。

 
ご注意下さいね。 

ではもうひとつ 詰めろを外す手をみてみます。 

 

盤面を 反転図初形に戻してください。 

 
 

図: △84歩

B32E80F2-6881-4F70-B577-BCC68349AC03


 

△84歩として

攻め方の 84の龍を取り払いました。

 

これでも詰まなくなりました 。




 

 

今日の勉強は終わりです。

手順は 憶えるまで 

繰り返してみて下さい。


*余詰も手順を憶えましょう。


終盤戦に強くなります。

 

お強い方は頭の中で動かして全部の変化を憶えてください。

 

自玉の詰みの確認もお願いします。

 

そうして「詰めろ」を 外す手もいろいろあるので

 

練習してみましょう。

 

 

例:

 

・△52金寄  

ないし △52金上(龍を取り払う)

 


・△84歩(同じく龍を取り払う)

 

 

2つの例です。 憶えておいてくださいね。

 

まだまだ 逃れる手があります。 

 

 

お強い方はたくさん

詰めろを 外す手を探してみて下さい。

 

また一緒に勉強しましょう。

 


用語に関連する過去記事:

一間龍→待宵第22番



余詰と変化→待宵第6番



限定合・非限定合→待宵第24番



不完全作→待宵第34番





局面作成

 

http://home.att.ne.jp/lemon/ogi/SituationFigure.html 様より

 

 

ありがとうございます。