今日の「詰将棋並べ」

勉強の準備は良いですか。

 

初めての方はまず 以下の過去記事で

学習の進め方をご確認下さい。

 

 


【ぴよ将棋さん】を使用した学習方法も併せてご参照ください。


 

ご自宅の盤駒で 

 

職場のご休憩の時間なら マグネット盤などで

 

並べてくださると嬉しいです。

 

 

今回は 

 

「大道詰将棋」 です


「銀問題」と呼ばれるものです。

 

当ブログで 銀問題を取り上げるのは

これで2回目になります。


当ブログでの 大道棋の記事は 

こちらをご覧ください。


 

大道棋については Tetsuさんのサイト 

【詰将棋おもちゃ箱】さん内

ドキドキストリートにて 

大変詳しく紹介されています。



 



 

 

【テーマ】


 

・打ち歩詰禁の回避


 

・合駒の選択

 

 

 

:初形


7E356AC4-0DB7-499F-9BB9-B0507252A8C4


詰め手順:

 

82銀 92玉 81銀不成 93玉 92銀成 

 73飛引不成 83角 94歩 92玉

 

72飛成 82香 同龍 同玉 71飛成 

 

92玉 93香       

まで 17手

 

 

解答を観ながら並べて

手順ごと 憶えてください。

詰めて また初形に戻して

 

初形図も作成できるようになりましょう。


 

:詰上がり図

 

770AE2E2-FD78-439B-BDCC-391DE2F348CB

 

 

【並べて憶える】のはいつも通りです。

ある程度 手順を憶えてしまったら

以下へ進んで

一緒に研究してみましょう。

 




 

学習・研究】

 

 

大道詰将棋は「とにかく詰めば良い」のですが

 

様々な 攻防があります。


 作業は 地味ですが 


全ての攻防を憶える事で

必ず 実力養成となります。

 

 

・初手の研究


 

:初手 ▲84銀

 

02DDB21B-C986-4741-A23C-860984F26176

 

冒頭の手順は 初手▲82銀でしたが

 

上から ▲84銀とするのはどうでしょうか。

 

観ておきましょう。

 

 

 

:初手▲84銀 △94玉

 

6B29BA1A-1351-4057-9262-E714026BE92A

 

初手▲84銀には 

上に玉が逃げてくるのが

 

玉方この1手で 普通の手です。

 

 

図:初手▲84銀 △94玉 ▲83銀不成 △95玉


F7EAB9AD-7189-4711-8803-FEF0EF98B90C

▲83銀不成と

角を取りながら王手しましたが

 

△95玉とされました。

上図

上への逃げ道が広いですね。

 

続けます。

 

:▲77角


878AB718-3309-436D-9FCB-52078438BEDB

85玉と来られないように
 

なんとか追撃してみますが

 

▲77角には 

 

 

:▲77角 △同香


B87F0796-0A0B-4A40-BF4D-7F988698AF16
 

75に 玉方の香車が配置されていました。

当然 ▲77角は 

△同香とされてしまいます。 

 

ここは同香ではなく

▲77角に △96玉と逃げても詰みません。

 

75にいる香の力が 強いですね。

 

 

【結論】

 

初手:

上から打つ ▲84銀は詰まない


(確認しておきましょう)

 

 

:初手 ▲82銀

 
0D51C69C-83E6-4031-AABB-582B6ABF7E74


ということで

 

初手は「▲82銀」が有力で

 

最善手になります。

 

では 初手▲82銀以下をみていきます。

 
 

:初手▲82銀 △92玉

 

09810719-7AFE-4C7A-B1EB-7D24FB0153BE

上図 

なんだか簡単に詰みそうですよね。

 

しかしよく観ると 

次の王手が 少し難しそうです。

 

△71銀不成などの【開き王手】は

「▲72角」で

 

根元の 飛車を取られてしまいます。

玉方の角の守りが堅いですね。 

  

 

:3手目 ▲91銀成

 

980E4CA4-F267-4A70-AA5E-2220868C5C75

△92玉には

 

桂馬を取りながらの 開き王手!


飛車でも王手なので


両王手といいます。

▲91銀成としてみました。 

 
続けて 観てみます。 

 

 

:3手目▲91銀成 △同玉

 

5B21117A-D5C8-44CB-9F41-1E5D825A9BDF

91の成銀 と 72からの飛車

2カ所から王手がかけられましたので

 

その両方へ対応した △91同玉としました。

 
続けます。 

 

 

:5手目▲71飛成 △81香(合)

 
E13BE786-2F66-44DC-AB7F-CBD93E4A7D76
 


▲71飛成として

一間龍の形にはなりましたが

 

攻め方の持ち駒は

先程手に入れた「桂馬のみ」です。

 

上図からは 次に良い王手がかかりません。

3手目 ▲91銀成からは詰みませんでした。 

 

この詰将棋は


詰まないのかな・・と思う瞬間でしょうか。



盤面を 初形に戻してください。
 

 

:初手▲82銀 △92玉 ▲81銀不成

 
137C4F23-CF92-46E0-9F43-238F8C965A23
 
3手目に戻りました。 



この「▲81銀不成」が良い手です。

 

*これは 

知らないと瞬時には 指せない手です。

 



 

:3手目▲81銀不成 △同玉 ▲71と

 

B6FA3550-719C-4CE9-83B2-9212029FAED7

 

この▲81銀不成に △同玉は 

▲71と で詰みになります。


上図

 

したがって

 

 

:3手目▲81銀不成 △93玉


FD0BF39B-3CA3-48E8-828C-C9147CF6C759

 

玉方は 93玉と逃げるしかありません。

 

 

:5手目  ▲92銀成!

 
4E76E7A5-8770-4587-BABC-79675B2DFBA9
 

82へ 初手で銀を打って

 

次に ▲81銀不成

 

そうしてこの▲92銀成

 

ここまで 銀が大活躍ですね。

  

 

:6手目△92同角

 
A7E466C8-F85B-488C-8436-C2EBC6F172F8
 


▲92銀成には △同角よりありません。

 

初手に打った銀の動きで 83にいた角が

 

ここにきて 92へと 

移動させられてしまいました。


= *83に居た 角を移動させるのに成功。


 

続けます。

 

:7手目 ▲73飛引


AABD98B3-F6AE-4A5A-AFFA-269FD890D16A


攻め方は喜んで 

寄せの手筋【一間龍】の形にすべく 

72にいた方の飛車を 73へと成り

王手をしました。

 


*飛車の符号は 大丈夫でしょうか?

 

飛車の動きと 成の符号です。

 

忘れた方はぜひ復習をお願いします。

 





 

 

:7手目▲73飛引成 △83香(合)

 
BA1CE932-B817-4729-BD92-305FAB2D1542

▲73飛引成 とされると 玉には

逃げ場所がありません。

従って 合駒をします。

上図では 香車で合駒をしました。


 

なんと 83へ合駒されると

 

攻め方は 持ち駒が 歩しかありません。



次の

 

▲94歩が 「打ち歩詰禁」になっています。

*歩を打っての 詰みは 反則でしたね。 

 

では 上図

 

どうしたら この打ち歩詰禁の反則を 

回避できるでしょうか?


盤面を 6手目△92同角の局面に 戻してください。

 

 

:7手目▲73飛引不成 83香(合)


7DE1A1E7-D1DD-490D-94FD-41300154A20D
 
先ほどは 7手目で 龍ができましたが 


なんと 

73へ 飛車を成らないという

妙手がありました。

 

これは 


打ち歩禁の回避によくでてくる

 

*不成(ならず)の手筋です。


 

憶えておきましょう。

あえて不成で 飛車のままで王手したことで

82の地点に 玉の逃げ道ができました。 

 

これで 83へ合駒をしても 

 

 

:▲94歩 △82玉 ▲72飛成

 

44128D0B-A779-47DF-9527-630089603798

 

今度は ▲94歩が 

打ち歩詰禁になっていません

 

82玉と逃げることができるため

 

72飛成! で詰みになっています。

 

 

▲73飛引不成→▲72飛成 です。

 


これでこの問題は解けた!と

 

いきますでしょうか。


(●´ω`●)これは 大道詰将棋の問題です。

よーーく 確認しなければなりません。

7手目に戻りましょう。

▲73飛引不成のあとの 合駒です。

盤面へ駒を打つ以外にも

 

盤上の角を 83へと移動させる

「移動合」があります。


ここも しっかり調べます。
 

 

:7手目▲73飛引不成 △83角!

 

E7FB2E04-4990-48F8-96C8-38E7D57FDE15

92にいた角を移動させて 合駒としました。


*移動合

 

次々に繰り出される妙手・好手です。

 

続けます。

 

:8手目△83角 ▲94歩 △92玉

 
1D56489A-5992-4C29-8105-677B0864136F
 

なんと 角が移動したことで

玉の逃げ道が 92にもできてしまいました。


続けます。
 

 

:11手目 ▲72飛成

 

0F0B21B3-58ED-41CC-BC88-8EE9F2358DEF

 

攻め方は 72へ飛車を成って

攻め続けます。

 

 

:11手目▲72飛成 △同角 ▲同飛成 

 

 △82香(合) △83角

 

06EB2A14-1FD7-4567-8301-07F3DCEA7FC2

 

11手目▲72飛成を △同角と取ると

上の手順で 簡単に詰みです。

 

 【ここまでのまとめ】

 


①:初手▲84銀は 玉を94へ上がられて詰まない。

 


②:初手▲82銀→▲81銀不成→▲92銀成として



83にいる玉方の角を 92へ移動させる。

 


③:6手目△92同角に 7手目▲73飛引成は 

83へ合駒されると ▲94歩が打ち歩詰禁となる。

 

→ 攻め方は▲73飛引不成とするのが最善。 

 


④:▲73飛引不成に 合駒を打つと 

▲94歩以下 早く詰む。

 


⑤:▲73飛引不成には 

△83角とする 移動合が絶妙で最善である。

 


⑥:11手目▲72飛成として一間龍の形になるが

△72同角とすぐに取ると ▲同飛成以下 早く詰む。


 

丁寧に研究して 色々わかりました。 

 

以上を踏まえて 次へ 進みましょう。




上記の⑥まで観てきましたが 

10手目△92玉に ▲72飛成以下を 

ここから調べていきます。 


盤面を 11手目▲72飛成の局面に戻してください。

 
 

:10手目△92玉 ▲72飛成

 

26D95B6D-5B72-4AF3-8CFD-ED25B715485B

 

▲72飛成です。

一間龍の形になりました。 

 

これを △72同角は 

前述の通り ▲同飛で早く詰みます。

 
ということは 

 

12手目で  82の地点へ 

何か【合駒をする】のが

玉方が 一番頑張ることができる手順になります。



 

*「合駒の選択


 

82へ 何を合駒しましょうか?

 

わからない時は

今まで 過去記事でもやってきた

 

「全部調べるで 学習しましょう。




 

ここでは 合駒を調べる順番は

駒の価値の低いものからにします。


2歩にならない 下記 

 

香・桂・銀・金・角・飛です。



では 香合から観ていきます。


 

:11手目▲72飛成 △82香合


28A23B2F-744D-4D5F-B660-64408E81F0F2

一番 価値の低い駒は 歩ですが

8筋にはすでに 玉方の歩が配置されています。 

 

なので歩合は「2歩の反則」になるので

ここでは 82歩合とはできませんね。

 

上図は 香合としました。
 

 

:11手目▲72飛成 △82香合 ▲同龍 

 △同玉 ▲71飛成 △92玉 ▲93香

(作意手順)

 

E8C070AD-1243-41C9-B81B-E7C342F07F3C

 

香合は 上記の手順で詰みました

 

冒頭の作意手順ですね。

 
他の合駒も 順番に観てみます。
 

次は 桂合です。

 
11手目▲72飛成の局面まで 戻してください。
 
 

:11手目▲72飛成 △82桂合


D072EC73-8FCC-47E6-AF67-1565B7E7AD35

 

桂合を観てみましょう。

 

 

:12手目△82桂合 ▲同龍 △同玉 

 ▲71飛成 △92玉 ▲84桂

 

EFF4261B-C7AB-4C16-99CD-023026046142

 

桂合も 上記手順で詰みになります。

 

最終手で ▲84桂と 角頭に打てますね。


ピッタリ詰みです。


 
次は 銀合をみます。


11手目▲72飛成の局面に 戻してください。
 
 

 

:12手目 △82銀合 ▲同龍 △同玉 

▲71飛成 △92玉 ▲93銀

 

EBE421EB-7AA8-40CD-A381-3BD4F88AB5EC

同じ考えで 銀合も詰みです。

 

最終手の銀は 93から打っても 

81銀でも 両方詰みです。

次は角合です。

▲72飛成の局面に 戻してください。

*慣れてきた方は 初形図から11手目まで 

並べて 局面を作ってみてくださいね。

意外と 手が覚えているはずです(^^) 

 


:12手目△82角合 ▲同龍 △同玉 

▲71飛成 △92玉 ▲81角

 

C0B20795-E283-47F1-AF85-E502A73F6192

さて

 

この角合も 最後に 81から角を打てば

詰みになりますね。

 

*同じ思考で △82飛合も 

 

▲82同龍 △同玉 ▲71飛成 

△92玉 ▲93飛(ないし▲82飛)で

 

詰みになります。

 

盤駒でご確認をお願いします。

 

全ての合駒でそれぞれ詰みました。

上記より 

12手目は 非限定の合駒です。


 

 

【玉方の変化:変化同手数駒余らず=変同】

 

初手から

▲82銀 △92玉 ▲81銀不成 △93玉 

▲92銀成 △同角 ▲
73飛引不成 △83角 

 

▲94歩に

 

10手目△92玉ではなく △82玉とする手があります。

 

この手にも詰みがあります。


手順ごと 憶えてしまいましょう。

 
= ここも観ておきます。 

 

:10手目△82玉


9302AAE8-E2BA-45E5-B8F8-AF9B0AC20D60

△82玉とした局面図です。

ここから 詰みがあります。 

 

*飛車の符号に気をつけて 並べてくださいね。

よく見て お願いします。 

 

:10手目△82玉 ▲71飛成 △92玉 

▲72飛成 △同角 ▲同龍 
82香合 ▲83角

   

 
E1FCFD48-034D-4DC6-88D9-619502F13C81
 

上記の手順で詰みになります。

作意手順と同手数の 17手詰です。 

 

途中

 

・▲71飛成 △92玉 ▲72飛成に 

 

△82への合駒は 

▲81龍寄(81龍上、 *
82龍引、*82龍寄でも可)


で詰みです。(*は香余り)

 


・上記では △82香合としていますが 

合駒は 歩以外なら可です。

 
この合駒は 非限定になります。 


 

・最終手は ▲83角ないし ▲81角 

どちらでも詰みです。

= 最終手余詰ですね。

 




 

:反転図

 

8AE7A8BA-468D-4E61-96C1-2A7E70D0A018

 

今回は大道詰将棋ですが

いつもの反転図からも 学習しておきましょう。

 

上記の図で 玉を自玉と考えて

 

詰みがあることを確認する練習ですね。

 

この 反転図からも

違和感のなくなるまで 繰り返し

駒を動かしての練習をお願いします。

 

ご自身の 終盤の力になります。

 


詰め手順:

 

82銀 92玉 81銀不成 93玉 92銀成 

 73飛引不成 83角 94歩 92玉

 

72飛成 82香 同龍 同玉 71飛成 

 

92玉 93香 まで 17手

 



 

今日の勉強は終わりです。

 

手順は 憶えるまで 繰り返してみて下さい。

 

お強い方は頭の中で動かして全部の変化を憶えてください。

 

 

反転図での詰みの確認は大事です。

 

違和感のなくなるまで

何度でも 繰り返して練習お願いします。

  

 

また一緒に勉強しましょう。

*用語に関連する過去記事

一間龍→待宵第22番



・非限定、
変化同手数駒余らず(変同)→待宵第24番




・移動合→待宵第41番




・打ち歩詰禁→待宵第31番




 

 

局面作成

 

http://home.att.ne.jp/lemon/ogi/SituationFigure.html 様より

 

 

ありがとうございます。