音楽鑑賞室(少しずつ・楽しく)   



ベートーベン交響曲第9番


日本では恒例となっている  

この時期 での 演目ですね。

     2020年2月26日更新





ヤンソンスさん 

2019年11月30日 急逝され 大きくニュースでも

取り上げられた指揮者です。

SNS上でも 追悼の言葉が連日

ファン 個人のみならず 所縁のオーケストラや

関係者から 発信され続けていました。


マリス・ヤンソンス



演奏 ・ 音楽へ取り組む姿勢 

お人柄が とても素晴らしかったことが感じ取れる

皆さんの反応でした。

自分自身は CDや ライブ演奏会の映像のみ

でしたので とても 残念です。

コンサート行っておけば良かったと思います。



バイエルン放送交響楽団



日本にも何度も来日され 人気の指揮者でした。

上記の 素晴らしいオーケストラと 共演して

ベートーベン交響曲全集が 出ています。

多くのファンが 買い 求めました。

その中から ベートーベン交響曲第9番です。

良い演奏です。

大きな舞台 教皇の御前 

7000人の聴衆の前で演奏

第1楽章 第2 楽章は 少し緊張している様子です

この状況下では こうなりますね。

音楽が 進むにつれて 次第に 熱を帯びていきます。

指揮者と共に オーケストラ・合唱・ソリスト 

が融合して

とても良いライブ演奏会となっています。


自分も もう一度 じっくり視聴して 追悼致します。

*「ベーレンライター版」楽譜を使用とのこと。

交響曲第9番は 特に 版のこと

楽譜のことが重要視されています。

上記の楽譜は 入手が 容易です。

譜面を観ながら 詳しく 鑑賞するのが楽しみの1つ

そんな方も多いのでしょうね。





youtubeさんより









お読みいただき

ありがとうございます。