「詰将棋並べ」

勉強の
準備は良いですか。

 

初めての方は 以下の過去記事で まず

学習の進め方をご確認ください。

 

 

ぴよ将棋さんを使った勉強方法もご参照ください。

 

ご自宅の盤駒で じっくり

 

職場のご休憩の時間なら

マグネット盤などで

 

実際に手を使って 局面を動かして

並べてくださると嬉しいです。

 

身につきます。

 

今日も 江戸時代の作品から勉強していきます。
 


天野宗歩のお弟子さん「渡瀬荘次郎」

 

Wikipediaさんより 天野宗歩

 

 

 

渡瀬荘次郎著 「待宵(まつよい)」から

 

 

 

「江戸慶応」の時代の詰将棋です。

 

いつものように

解答を観ながら 並べて憶えていきましょう。

 




 

「待宵 第38番」 

 

 

【テーマ】

 

・歩頭に桂 

 

・攻めの拠点を見極める

 
 

 

:初形図

 
C0C915E3-32C3-49A6-A6FF-91D99CD32F5E


詰め手順:

 

24桂 同歩 21飛成 同玉 32銀不成

 

同玉 33金 21玉 22金打 

まで 9手詰

 

 

 

 

:詰上がり図

 

24905B7A-9E53-4A93-B5F7-F38E753BCFE8

上記の 詰め手順を観ながら

繰り返し 並べてください。

詰めて また初形に戻してを

憶えるまで お願いします。

 

初形図を憶えて作図できるまで

何度も繰り返すことが 大事と思っています。

 

 

【学習・研究】

 

・初手の研究

 
 

解答・作意の初手は 24桂でした。

 
では 

 

初手 22金はどうでしょうか。

 

調べてみましょう。

 
 

:初手 22金

 

DDB9A8E8-8E6D-4F3B-B870-32CB26ED795F

上図

 

初手 22金は

ごくごく自然な手です 


俗手と言います。

 

これで詰むなら簡単ですが

 

残念ながら 詰みません。

 

今回の詰将棋は

実戦なら しっかり詰ましたいものです。

 

攻め方の駒台に たくさん駒があれば

22金のような【俗手】

ふつうの手でも 詰むかもしれません。

 

しかし 

学習して 色々な手筋を知ると

最小限の駒で なおかつ

 

効率よく 詰ますことができるようになります。

 
では 初手 ▲22金以下を続けて観ていきます。

 

注:上図より △13玉は 

▲11飛成で詰みなので ご注意ください。

 

 

:初手22金 同金 同銀成 同玉


AE235521-34C8-4106-B2E7-B5617C85C73C

初手22金には 玉方は

22の地点で 
さっぱり全部 精算するのが

 

わかりやすく 詰みません。
 

 

攻め方は 金と桂の持ち駒で

上図が詰めば問題ないのですが

 

足りません。

 

上図から 続けます。

 

:5手目▲33金 13玉 11飛成 24玉

 

 

7E2BD982-73E2-4C09-868D-705A23D6B9F9

22の地点で精算して 

33から金を打って迫りますが

 

△24玉まで逃げられては 詰みません。

 

この後 25や35から 逃げることができます。

上部が広いですね。

 

ここから 攻め方の持ち駒

桂・香では 詰まない形です。

 

 

結論:初手▲22金は詰まない。

 


盤面を 初形に 戻してください。 
 
 

:初手 24桂

 

4EF2C876-CB37-4B65-A5F5-37068587306E

 

初手の 24桂は 

歩頭の桂 という手筋です。

 

歩の頭に桂を放って スペースを作ります。

 

絶妙手です。

 

詰将棋を学習していないと

一瞬では 指せない手です。

 

逆をいえば 

知識があると 一瞬で指せて

 

詰ませることへ 思考が向きます。


 

この▲24桂に 玉方 △13玉だと 


▲11飛成ま3手で詰んでしまうので

 

玉方は △同歩の1手です。


 

:初手24桂 同歩 21飛成

 

28ACA0E6-13CD-4377-8602-339BACBF1951

3手目の ▲21飛が 

初手24桂に続いて 実に良い

味わいのある手です。

 

ここで ▲11飛成と

香を取っての王手は △同玉とされ

玉を逃がしてしまいます。

 

11の地点に玉が来ると

攻め方の持駒 香と金では

捕まえきれません。

 

3手目▲11飛成は

駒得しながらの追い方なので

一見 良い手のような気がしますが

 

この場合は

詰まない方へと

追って行くことになってしまいます。


上記のことより 3手目は

 

何も取らずに ▲21飛成が素晴らしい手なのです。

 

21の地点へ玉を落とすこと

この詰将棋の 要点の1つでもあります。

 


 

:3手目▲21飛成 13玉

 

7BBB6A10-A1D3-4F65-8152-470CEA58140B

3手目▲21飛成に 13玉は

 

上図 ▲24銀成とすれば 詰みです。

 

 
盤面を 3手目▲21飛成まで 戻してください。 

 
 

:3手目▲21飛成 同玉 

 

85C633D3-537A-42F6-BBE8-AF81353E501D

 

したがって 

21飛成には 同玉の一手です(上図)。

 

 

上図から

 

:5手目 ▲32銀不成

 

EF4E8676-FE2C-470B-A1C4-4E30FB180D21

32の金を取りますが

32への銀の王手は 【不成・成らず】が

詰みへの手順です。

 


銀を 不成として  23の地点に

銀の利きを残しておきます。 

 
12玉と 逃げられた時に 

23に 持ち駒の金が打てますね。 


ここで銀を成ってしまうと 

成銀は 金と同じ駒の利きですから

23の地点への駒の利きはありません。

*13からの 玉の脱出が防げないのです。



 

:5手目▲32銀不成 12玉 23金

 

196A161F-FA6A-4AD3-862B-F3E8691071AA

上図は ▲32銀不成としているため

 

12玉には 前述通り

▲23金がぴったりで 詰んでいます。

 
駒余りの 早詰みです。
 

1筋方面への対応での 

この ▲32銀不成を憶えてください。


▲32銀不成から △同玉として

作意手順通りの 詰みに至ります。 


では 初手から 通して並べてみましょう。

 

盤面を 初形に 戻してください。
 

 

:初手24桂 同歩 21飛成 同玉 

 

 32銀不成 同玉 33金 41玉 42金打

 

2FF35372-86D5-4528-A275-ECE1E8177614

 

34の地点が 攻めの拠点でした。

  

この歩の支えで 5手目▲32銀不成 △同玉のあと

33から 金が2枚あるので

打って詰みです。

 

*最終の2手は 変化同手数駒余らず 

 
△41玉 ▲42金打  でも

△21玉 ▲22金打 でも

どちらでも正解です。

最終の2手のみ ルール上 許容されています。


このブログ内で何度も確認している事項ですね。

 

 

:反転図

 

 

47B7FFD2-E664-4D32-9282-95BD0C95C9CB

いつものように

反転図からの 詰みの練習です。

 

これに是非取り組んでください。


自玉の詰み。

 

この反転図からの詰みを 

当ブログでは 毎回書いていますが

 

重要視しています。

 

反転図からも

詰めて 初形に戻してを繰り返して

憶えて 違和感のなくなるまで練習しましょう。

 

初形を作図できるようになるのも

力です。

以下の手順をみながら 盤面を動かしてください。 


 

詰め手順:

 

24桂 同歩 21飛成 同玉 32銀不成

 

同玉 33金 21玉 22金打 

まで 9手詰

 


 

違和感のなくなるまで

しっかり練習できたら

 

手番を手前として

詰めろを外す練習を今回もしていきます。

 
盤面を 反転図初形に 戻してください。 

 

:31歩

 

C6972892-AD7C-4928-92EA-64A40CD5DC91

 

△31歩としました。

この 歩一枚で 詰めろが消えます。

 

金底の歩 といいます。

この1手で

 

13から14~25の地点への

玉の 上部脱出が可能になりました。

 

 



 

今日の勉強は終わりです。

 

 

【まとめ】

 

・▲24桂~▲21飛成を憶えましょう。

 

詰将棋の手筋として 知らないと実戦で

 

一瞬では 指せない手です。

 

・途中 32への銀の王手は「成らず」です。

 

 

 

手順は 憶えるまで 繰り返してみて下さい。

 

お強い方は頭の中で動かして全部の変化を憶えてください。

 

自玉の詰みの確認も お願いします。

 

そうして「詰めろ」を 外す手もいろいろあるので

 

練習してみましょう。

 

 

例:

 

31歩 (金底の歩)

 

 

一例です。 憶えておいてくださいね。

 

まだまだ 逃れる手があります。

 

お強い方はたくさん

詰めろを 外す手を
読んで 探してみて下さい。

 

また一緒に勉強しましょう。

 
*用語に関連する過去記事

・精算→待宵第34番




・変化同手数(=変同)駒余らず→待宵第25番




局面作成

 

http://home.att.ne.jp/lemon/ogi/SituationFigure.html 様より

 

 

ありがとうございます。