大道詰将棋⑤「香歩問題」

【七化け・
ななばけ】




詰将棋並べが  初めての方は まず

下記リンクで

詰将棋並べの 学習方法をご覧下さい。




23手詰の 大道詰将棋 香歩問題

【七化け】といわれる問題を

全3回の記事で 詳しく 学習していきます。


*その1   その3はこちらです。


 




その3  




では  

前回に続いて 観ていきます。



【学習・研究】

 


*初手 63桂不成の研究

 


図:
初形

 
B820AB11-3071-487F-A6CB-97C42678D08F
 

 

 

前回の記事では

 

初手 72歩を

 

研究しました。

 


初手「72歩」から 81玉

 

89香で   

 

桂合→金合の合駒・中合」

 

詰みませんでした。

 


今回は

 

初手 63桂不成として

1歩手に入れながら

 

玉を追う手順を研究します。

 

 




 

 

テーマ図:初手63桂不成 81玉 89香



ddg5-22

上図は

 

63から迫って 1歩手に入れて 

89から香を打った図です。


 

初手から 歩を手に入れて 

これは詰みますよね、と
 思いたいのですが


 

結論から言うと

この 初手63桂不成からも

 

詰みません。

 

 

*詰まない手順も 全部習得するのが

詰将棋学習で 強くなるコツの一つ

 

と思っています。

 


 

 

図:3手目89香 84桂合 同香

 

 
0452FBC5-8139-4257-9233-CFA9DF94C41F

 


前回の その1 同様

 

89香に 84への桂の中合です。

 

同香まで迫って

 

 

 

 

図:5手目84同香 83金合

 

8EFD03F7-2BD4-4843-946A-A7214261275E


 

これも 同じように 

桂合→金合ですが・・

 

 

 

図:6手目83金合 82歩 91玉 92歩

 

 
BCD595DD-D68A-4EAF-99C5-EA9D0887406F
 

83金合には 82歩と打ちます。

(この歩は取れません・取ると同金まで詰み)


 

91玉とされて 一見 詰まなそうな玉へ 

ここでなんと 今度は 

初手 63桂不成で手に入れた 

1歩が 持ち駒にありますから 

「92歩」と打てました。

 


【1歩千金】
です。

 

 

 

:9手目92歩 同玉 83香成 

91玉 81歩成

 

 
3EF49AE1-5598-4E6F-A5A5-68157BC96370

 

 

91玉から 92歩は 

同玉(この1手です)とされ

83香成とします。

 

91玉 81歩成

 

まで

 

上図からは 同玉に 82金で詰みです。

 


玉方は どこが良くなかったのでしょう。


* 【最善の頑張り】 をしていないのでしょうか?

 


盤面を 初形に 戻してください。 

 

 
 

:初手63桂不成 81玉 89香 83銀合

 

 

CC16E5B9-FFD1-46AE-AA3B-9E271F34E11E


今度は 玉方 4手目の中合を 銀にしてみました。

 

なにやらどこかでみた 銀合ですね。

 

過去記事「香歩問題」

初めの銀合を思い出した方 おられるでしょうか?

 


*前回の香歩問題を

 

観てくださって ありがとうございます(^^)

 

 
これはどうでしょうか。

 

 

図:4手目83銀合 82歩 91玉 92歩

 


9059CDE3-3A39-4155-8DA6-4D5C18A0FE36
 


92歩まで 進みました。

4手目に桂合の時と 似た局面ですね。

先ほどはここで

同玉とするしか ありませんでしたが・・



 

:7手目92歩 同銀 81歩成 同銀

 

 

A4B3056E-7BDE-40CE-9193-1438C9FAA668

92歩は 同銀とされました。

  

その後も 歩で王手していきますが 

ここも 銀が良く利いていて 

玉方は 頑張って 守っています。 

 


上図まで 進みました。


ここから 詰むかどうかですね。 

 

 

:9手目81歩成 同銀 同香成 

   同玉   82銀 92玉

 

 
4AFA605F-928A-4DAD-AE33-4A8896848E5B
 


その後も 王手しますが

 

92玉とされると 

攻め方の持ち駒はなくなり

 

あと一歩で詰みません。

 

 

4手目 83銀合が

絶妙の中合 だったのですね。

 

銀が 守りによく利いていました。


同じ 後ろ斜めに利く合駒の 

角も みてみます。

 

 

盤面を 初形に 戻してください。
 

 

:初手63桂不成  81玉   89香 

  83角合 82歩 91玉 92歩
 

 

E52F828D-4870-431C-AF1C-330E68C84CF5

 

92歩まで 銀合と同じく進めてみました。

 

4手目が 角の中合だと

 

  

:4手目83角合 82歩 91玉 

 

 92歩 同角 81歩成 同角 82金 まで

 

 
530FD749-4D1B-49EC-98D6-16AEF09A1817
 


 

81歩成とした時

先ほどの 銀合と違って

前に利きがない角ですから 

 

同角として  

82の金までで 詰んでしまいました。

 

 
 

【初手 63桂不成のまとめ】

 


1歩を手に入れて72歩から 89香としても

 

83銀合 の中合が 絶妙手で 詰まない。

 

 


*注意:83角合は 

銀と同じく 斜めに利く合駒ですが

最終手の 82金を 取り払えないので 

詰んでしまう。 

 

 




 

香歩問題 七化け

その2は ここまでです。

  

 

前回記事 その1と 今回のその2では

詰まない手を 詳しく調べました。

 

*その1 (前回):初手 72歩 は詰まない 


桂の中合→金の中合です


 


 

*その2(当記事):初手63桂不成は 

83銀の中合があって詰まない

 



 

次回が この七化けの研究の

 
最後の記事になります。

 

 

その3では

初形より

 

作意手順の初手「83桂不成」を

詳しく観ていきます。

 

 

 

図:初形

 

ddg5-23

 

 

次回 その3

 

:初手 83桂不成

 

 

ADE2FE2D-E4CA-4C04-9C34-305A30922033

 

 

 

香歩問題 七化け その3へ続く

 

また一緒に勉強しましょう。

 

局面作成:

 

http://home.att.ne.jp/lemon/ogi/SituationFigure.html 様より