今日の
「詰将棋並べ」



勉強の準備は良いですか?

 


初めての方は


過去記事「詰将棋並べとは?」


をご参照ください。


 


「並べて憶える」

 

この練習を 繰り返してやっていきます。

 


 
解説を見ながら
 


何度も繰り返して 並べてみてください。

 


記憶にしっかり定着させましょう。

 

「大道詰将棋を観てみます。



大道詰将棋については

ほかの問題の記事も書いています。


大道詰将棋カテゴリ も よろしければ

ご参照ください。
 

 


今回は



「歩問題」

と呼ばれる作品です。 

 


持ち駒に「歩」があります。



その中でも簡素な図 有名な作品で

勉強してみます。
 

 


 

 

 

★盤駒を 出してくださると嬉しいです。

 


「大道詰将棋」
では

盤駒が必要な 難しい変化・余詰が出てきます。

 

 
かなりの腕前の方でも


盤駒が必要になる問題があります。

 


まずは 並べて学習した方が良いと思います。

 


もちろん


お強い方は 頭の中でも大丈夫と思います(^^)

 

 



 


 

大道詰将棋は いわゆる普通の「詰将棋」とは違い


持ち駒が余ったり

 


余詰めがあったりですが


 
詰めば良いのです、

 



と ここではご紹介してい
ます。 




実力養成であったり  
終盤力の習得には

 


良い部分も とても多いと思っていて


自分は日頃  取り組んでいます。

 

 











:初形

 


EA940779-3086-4D06-BDC5-CCFB53F255D6

 



詰め手順:

 

92歩 81玉 61飛不成 71歩 


91歩成 同玉

 


83桂不成 同歩 71飛不成 81銀 


歩 82玉 

 


72桂成 同銀 91飛成 まで 15手詰

 






途中で   あれ?と思う手順が


出てきたと思った方も おられるのではないでしょうか。


初形に戻して 何度か

ゆっくり 詰みまで 動かしてみて下さい。



【学習・研究に進む前に 】



*実は この問題

7手目の 83桂不成 を 71飛不成 

としても
詰みます。


=「手順前後」といいます

 



用語ですので 今はスルーでも構いません。


ちょっと 7手目以降を 並べてみてください。
 

 

先に7手目 83桂不成 に変えて 71飛は

 


71飛 81銀 83桂不成 同歩
 


92歩 82玉  72桂成 同銀 91飛成

 



と  15手で詰みになります。

 

 

詰めの手順を 前後で入れ替えても その後

13手目 「92歩」

 


となって 以下 
詰むのです。

 


 

これは


通常の作品集などに 載っている 


現代の精査された詰将棋作品には   ないことです。

 



*「大道詰将棋」なので

 

詰めば良いとして  手筋等 勉強です(^^) 



完成された 純正なる 詰将棋作品とは

また違う 魅力がありますね。 




 


 

 

 

:詰上がり図



32D53F61-E55D-473C-AAFF-D844645F6870



 

上記までの順をまず 並べて憶えてください。


ゆっくり 駒を動かしてください。
 

 

手順前後の 手順も憶えてくださいね。

 


全てを憶えてしまいましょう。

 


図面作成もできますか?

 


繰り返し やっていきましょう。


実力養成です。

 






【学習・研究】

 

 

*飛車の不成(ならず)が

2回出てくる詰将棋です。

 

 

 

丁寧に調べていきましょう。

 

 

:92歩

 


5EF60037-A3F1-4ECF-B3FE-6FEE407F433E





初手は 92歩
から入ります。

 

まずはここへ 打ってみたいところです。

 

 

 

:初手92歩 81玉 61飛不成



EACA2732-4965-4750-92AB-462E6595C4E4



 

ここで 1回目の飛不成がでてきます。

敵陣ですから

成って 龍としたいところですよね。 

 

なにやら怪しげな世界ですか


 

ではなぜ  飛不成が必要かを 観てみます。

 

 


:3手目 61飛成の時



DBA3C130-768B-4F17-91D4-8235E654E50E


 

 

普通の手に見える

 

61飛成だと 何故詰まないのか?

 

を はっきりしておきましょう。

 


3手目 61飛成としました。

 

 

:4手目 71歩

 

520A30AE-A8F7-40F7-8643-BB30444D3BDC



玉方は  71歩と

合駒を「歩」で

受けました。

 


*歩で合駒が 肝要です。

 
なぜ 歩 なのかは

後ほど  謎が解けます。


続けましょう。 

 


: 91歩成



9E4D7E17-86B7-4B34-9A6D-DACF6A5B35BB



 

次に 91歩成 と 成捨てて

 

 


:同玉 71龍



8917DC64-17E3-4075-B87C-974BE2E78CD4


91の玉と 71の龍が

 

 一間龍形になっていきます。


龍と玉が 縦 または横に  

一マスを空けて並んでいる形を

一間龍(いっけんりゅう) といいます。

出現 頻度の高い 手筋です。


さて。

一間龍の形になってきましたが

 


ここで攻め方の駒台には

しかありません。

 


*この 歩がポイントです。



玉方は  合駒をしてきます。




:71龍  81銀合 83桂不成



3096811D-5B7E-4AE9-BF0F-9F8A3EBA38C9


一間龍の形になり

玉は 端に追いやられています。


合駒をされた後


83桂不成 と 

ここをこじ開けます。

 



 一間龍の形に なってはいますが

 

 

:83同歩  92歩(打ち歩詰禁)



83102550-36E0-4EDB-BFD2-9E832D86E301


83桂不成は 同歩とされて

92歩と 王手しました。



一番初めに示した手順で この92歩は

82玉とできたのですが

 

飛車が   龍になってしまっているので

玉は 82には 行けません。 


ここで この

 

92歩が 打ち歩詰の禁じ手になるのです。


*4手目 71歩合とした意味が

ここでわかりましたね。

 

 

一間龍の形にできても  

71歩合とされて 


玉方が

攻め方へと 渡した駒は 歩 のみです。


打ち歩の禁となってしまいました。

 


これは盲点ですね。

 

 

したがって 61飛不成 

飛車を成らずに 王手するのがいいようです。

 


本手順に戻ります。

 


*初手から 3手目 61飛不成へと進めてください。


:61飛不成

 

D6810712-7173-464F-B237-C80495DE93CA
 





92歩が  打ち歩詰禁にならないように

 

3手目の61の飛車は 

不成として 

 

 


:3手目61飛不成 71歩合 

91歩成 同玉

 

83桂不成 同歩 71飛不成 81銀

 


B02B1585-9148-432B-AAB8-BD99F7667FB5

9手目で

 

2回目の飛不成が出てきました。

 

ここまで進めると

ようやく わかってきましたね。

 

*71に 飛車か 龍かの 違いです。
 


飛車のままなので

打ち歩の禁 にならなくなっています。

 



:11手目  92歩


4DB07B37-D786-4ECD-8080-44A7991072C3



 

2回の 飛不成で この92歩が実現。

 

 
もうひと頑張りです。




:11手目92歩 82玉 72桂成



4C32DB96-81DD-4F21-A12B-2F14E767C676



 

13手目  72桂成が良い手です。

 


この形では  手筋として憶えましょう。

 


反射的に浮かぶと 実戦でも役立ちますね。

 



:13手目72桂成 92玉 81飛成



28B3B964-27BE-4E85-975E-C1836EB03E9D



72桂成の好手を 

 

上図のように 同玉なら 

81飛成で詰みです。

 

*銀が駒台に余りました。

 


1番初めに示した 同銀 91飛成は

 

駒余らずです。

 


*両方を憶えてください。



普段の詰将棋では

駒が余らない手順を解答しましょう。






読む 習慣をつけて  


学習としては 両方を憶えます。











ここからは 初手の研究をしていきます。




 

【初手 61飛不成の研究】



 

初手 61飛不成 は詰むのか?



16186F04-697B-4078-A4AC-0A476CEC1FA0


本手順では

 

初手は92歩 81玉 から 


飛車不成 の侵入を経て詰みました。

 


では 初手で 

いきなり61飛不成で はどうでしょうか?

 



調べてみます。

 

 

:初手61飛不成 81銀

 


B09AE795-54D0-4779-80CD-E288F3629519




 

初手の 61飛不成には 

81銀と 本手順と同じように受けてみます。

 

合駒を 銀にしてみました。

 

 


:83桂不成

 


ddg4-17




83桂不成として

 

92歩が

打ち歩詰にならないようにしていきます。

 

 

 

:3手目83桂不成 同歩 92歩 82玉



0E1BE9B1-F16D-4ED8-A73B-CB9896E16092



 

続けて迫っていきますが



攻め方の飛車の位置が 

詰んだ 初めの手順では 71でしたが


今は 61です。


先ほどより 一路 玉から遠いですね。

 

この 一路の差は 気になるところです。

 

 

:72桂成



F16DB724-912C-41C2-8FAF-29260B114702



72桂成と 王手をしてきますが。

 



:72同玉



1A693284-BF1F-42B9-9ACF-40BF50BB54CE




 

ここを同銀としてしまうと 

91飛成までの 詰みです。

 


先ほどと違い

飛車が 61にいるので

72同玉とできますね。


当然  詰みません。

 


上図では このあと


有効な王手が続きません。


 

 

*「初手 61飛不成の研究 結論」



 

81銀合で 


以下 72桂成を同玉とすれば詰まない。




では 次をみてみます。


盤面を 初形に 戻してください。 

 


 

【初手 83桂不成の研究】



 

:初形から 初手 83桂不成

 


D4953DC1-4133-43DA-A79C-BE73CB5F42A4


では


初手 83桂不成は 詰むでしょうか?

 

 


:初手83桂不成 同歩




146D4AF9-AA57-42A0-B037-E4F4704F019C



同歩と素直に取ります。

 

 


:3手目61飛成  81銀

 

884B5A0B-20F9-4523-A1D9-D82400AAD007




 

3手目 61飛成から調べてみます。

 

 

:81銀 92歩 82玉 72桂成 同銀

 

91龍



C7A3BEB8-9CBB-45FB-A277-09EA141F3FD5


 

9手で 詰んでしまいました。

 

玉方は 何が悪かったのでしょうか?

 

 
3手目 61飛成まで 戻ります。

 


:3手目61飛成 71歩

 

 
E88BF0B3-B4EE-47AA-BE5B-15349C324233
 


初手83桂不成 同歩 61飛成として

 

 4手目の合駒を



「中合」の 71歩とするのが


妙手で  好手です。

 

 
中合は 以前の記事でも取り上げています。
 

 

実戦でも使うことが多い手筋ですので

 

ぜひ 憶えましょう。

 



:71歩 92歩 81玉



CC784614-C613-4F0A-BC51-23F2CF2C706C




 

71歩の中合を取らずに 

 

92歩 81玉 と進むと

 



:72桂成 92玉


ddg4-27




王手するには 72桂成 

のほかに ありませんが

 

上図  92玉  とされて 詰みません。

 

では 同龍なら どうでしょうか。

 
 

 

:61飛成 71歩 同龍 81銀 92歩

 

 

42C8C7EF-A883-4488-B87F-C2E564A5ED6E


今度は 中合の歩を 同龍と取りました。

 

 

71歩が好手 妙手なのは 

龍を 引き付けて

 

一間龍の形を作らせ 


打ち歩禁  の形へと

誘導するところにありました。

 



71歩の中合の捨て駒は

味わい深い素晴らしい手です。

 



初手 83桂不成から61飛成は 

71歩の中合でも

 

詰まない事がわかりました。

 



では

 



初手 83桂不成 同歩 61飛不成



D9783F92-17DC-44AF-9013-2FC27F3EDC34




先ほどの61飛成は 

71歩の中合の絶妙手で 詰みませんでした。

 

 

それでは 打ち歩詰 にならないようにと

 

3手目61飛不成にすると?

 



単に 81銀合とされて 

この形は 一路 飛車が遠いので

 

詰みません。
 


 *上図以下 先ほどの手順で 

92歩 82玉 72桂成 に

 


同玉で詰みませんね。




盤駒で確認をお願いします。



 


【研究のまとめ】



たくさん 観てきましたね。


ちょっと  ごちゃごちゃしましたか?


整理します。

 



*初手は 92歩以外は 詰まない。

 


*手順前後の詰みがある

 

(初手92歩 以下で 7手目)

 


*飛車は2回成らず=不成 としないと詰まない。

 

 *71歩の 中合 を憶えてください。








 

 

反転図

 


33911FD9-D718-4573-899A-DE019C6D0433




 

反転図です。

 

*上図も 

作図できるように 練習しましょう。

 

コツコツ やってみましょう。

 




すぐ強くなりたいと思うのは

皆同じですが

 

丁寧にコツコツが


急がば回れと思っています。

 



この反転図から 手前の玉を 詰ませてください。


詰め手順を見て 並べてみてくださいね。
 

 

反転図を詰ますことは とても大事です。

 


必ず  実戦でも役立ちます。

 




*大道棋屋さんになった気分で

 

ご自身で やってみても

楽しいかもしれません(^^)

 





 

詰め手順:

 

92歩 81玉 61飛不成 71歩 91歩成 同玉

 

83桂不成 同歩 71飛不成 81銀 9歩 82玉 

 

72桂成 同銀 91飛成 まで 15手詰

 

*繰り返しですが 7手目

 

「手順前後があります」

 

*83桂不成 でも 71飛 でも詰みです。



 

 

:反転図での詰上がり図



4272AEBB-CC0F-49C8-B12D-4748E78AD22A


 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今日の勉強はここまでです。

 

 

大道詰将棋問題」はいかがでしたか?

 
難しい問題も ゆっくり 盤駒を使って

丁寧に 観ていくと


だんだん 力がついてきます。

 

 

反転図での攻防も 観てみました。

 



大道棋も 易しい問題から

 

だんだん 難しい問題を


今後 観ていきたいと思います。

 

 

 
また一緒に勉強しましょう。



*用語に関する過去記事


打ち歩詰禁:待宵第31番


一間龍 : 待宵第22番


中合:待宵第1番
 

 

局面作成:

 

http://home.att.ne.jp/lemon/ogi/SituationFigure.html 様より

 

 

ありがとうございました。