『詰将棋並べ』 


【例題】  


渡瀬荘次郎著 

 

「将棋待宵 第8番」 より

 

*有名な作品です。


「5手詰」 詰将棋並べ の 【例題】としてみます。

勉強の流れを、ゆっくり つかんでみてください。


まずは、詰将棋並べの記事を参照してくださいね。 




図:初形
 

4DD5CEC2-F428-4AFF-8D5F-3EA73AE2FA64

 

詰手順:23銀 13玉 12銀成 同玉 23金まで 5手


*初形から、最終手まで



手順通りに【並べ】てみましょう。

何度も何度も繰り返してみて下さい。

最終手まで並べたら、↑この初形に戻して また並べる。 

→慣れてきたら こんどは 詰みの図面 から 初形に戻せますか?

ゆっくり、やってみましょう。

繰り返し 駒を動かすことで 詰め手筋を 記憶。

考えずに 手順通りに 【並べ】ましょう。



 

図:詰上がり図
 

 

71F0A132-AB62-4313-894F-427EE6751AED



 

*では、初手から 【変化】をみていきましょう。

ここからは、一手ずつ 考えながらみていきます。


【学習
・解説】

 

初手に金を打ってしまうと31玉で 持ち駒 銀 では 詰みませんね。

 

図:23金 31玉

E2620DB6-989D-4FF5-864C-AAB82DCC5A94
 

                            ↑

この次  32 銀 としても42玉で広い方へ 逃がしてしまいます。

 

 

よって 初手は 23 銀です。

 

初手23銀に 2手目 33玉だと

 

図:43金


0F7E2CFD-BC61-4C4E-B769-9FB0FD541B95

   ↑   43金で詰みです。

 
 


また、初手23銀に 2手目 31玉だと

 

図:32金

 

8723618A-E7EC-4ADE-AA74-23CF2F7C7F5B

 

   ↑  32金まで で詰みです。

 

 

「初手 まとめ」

 

23銀 33玉 43金 は 3手


23銀 31玉 32金 も 3手です =早詰み。

 

玉方は最善に逃げましょう。


攻防を 研究しましょう。


攻防で 玉方の動き も しっかり考えます。

 

この作品は 「5手詰」 です。 

 

 
*では、初形に駒を戻して・・
 

 

初手から。 23銀に 13 玉と端へ逃げてみます。

 

 ↓

 

図:13玉


016F733E-2AC3-4CA0-8607-BE9700052307

 

ここで 攻め方 困ったようですが とても良い手があります。

 

この手は憶えておきましょう。

 

図:12銀成

 

89004A8A-4082-419A-AF1D-0249D8666DF0

 

23の銀  をここへ 成り捨てます。

 

同玉 同香でも)23金と打って 5手詰となりました。

 


23銀 13玉 12銀成 同玉 23金

まで 5手

 

 

 

【最後の 2手 が 疑問の方へ】

 

最後の方で 「同玉 同香どちらでも」 最終手 23金として詰みなので

 

玉方の 化で 詰はじ手数です。


 駒も余らないで詰みます 


=太字・下線で変同といいます。 変化同手数 駒余らず。

 

「最後の2手が変同」は詰将棋ではよくあります。 

迷うかと思いますが

 

解答を記載で求められた場合は どちらを書いて正解です。

 

さて:

無事 詰みあがったら、今度は局面をくるりと反転して


【自玉側から】問題をみてみましょう。

 

 

反転図:


314EDB21-02FD-40DD-A3EB-485A7D9908E2


ここで 88の 玉を 自玉として この自玉に詰みがあることを

 

確認してください。

先ほどの詰め手順を、【自分が 攻められる側】  として 見てみます。 

 

87銀 97玉 98銀成 同玉(または同香)87金 まで5手詰です。

ここでも、繰り返し 駒を動かしてみましょう。

自分の玉は、詰まされましたか? 

 
 

この反転図も作成できて 詰みを確認できれば なお良いですね。 

 



これで 自玉に 詰みがあることも確認できました。


では 手前を 自分の 手番(ここでは、自分が指す番)として 

自玉の【詰め
ろ】を外してみましょう。

反転図 初形からです。 

 

図:78金


8F2D8A21-FDDB-4903-84FA-7B3C0A705382

 

しっかり 78に 金を打ちました。

 

これで詰みません = 詰めろを外したといいます。 

 

自玉が安全になりました。

 

さらに 76銀 としてきたら?

 

しっかり

 

図:77金打


5497D3D4-DE08-4349-87C0-1812FA5D9080

 

攻め方は 駒が足りず これ以上は迫れません。


これで、きちんと 受けることができました。


=【凌ぎ :しのぎ】  窮地を 凌いだと言えます。
 

 

・・・

 

【例題】 でした。


地味な練習ですが   
くっきり手順が 浮かぶまで

繰り返し学習して 頑張ってみましょう。
 

 


局面作成 Shogipic
 さんより

 

https://shogipic.jp/new

 

ありがとうございます。